弔文例集ページ

文例中の○○には、固有名詞を当てはめてお申し込みください。

一般

ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。

ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。

悲報に接し、悲しみにたえません。心よりご冥福をお祈りいたします。

在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、故人のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を表します。

ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますようお祈りいたします。

ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますようお祈りいたします。

ご逝去の知らせを受け、ただただ、驚いております。ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。

いつまでも、いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っておりました。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。

○○様のご逝去を悼み、ご冥福をお祈りいたします。

○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

○○様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。遥かにご冥福をお祈りいたします。

○○様のご訃報に接し、お悲しみをお察し申しあげますとともに衷心より哀悼の意を表します。

○○様の突然のご逝去の報に接し、お慰めするすべもございません。衷心より哀悼の意を表します。

○○様のご逝去を知り、驚愕いたしております。いたってご壮健と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。皆様のご落胆もいかばかりかと存じます。どうぞご自愛くださいませ。ご冥福をお祈りいたします。

最愛の○○様がお亡くなりになられたお悲しみは、計り知れないものとお察しいたします。どうぞお気を強くなさってください。心からお悔やみ申しあげます。

突然の悲報に接し、驚愕しております。謹んでご冥福をお祈りいたします。

突然の悲しいお知らせに接し、悲しみにたえません。在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。

あまりに突然のご逝去、お慰めの言葉もございません。ただ、ご冥福をお祈りするばかりです。

突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。心からご冥福をお祈りいたします。

悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。お力落としをお慰めするすべもなく、ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。

突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみ。いかばかりかと拝察いたします。お別れもできなくて、残念です。故人のご冥福をお祈りいたします。

突然の悲報に接し、驚いております。残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。

まさかとは思いましたが、ニュースで知り驚いています。さぞかし皆様お心落としのことと存じますが、一日も早くお悲しみから立ち直られますように。謹んでお悔やみを申しあげます。

突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、訃報がいまだに信じられません。今はただ、ご冥福を祈るのみです。

ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、心からお祈りいたします。

ご逝去の報に呆然といたしました。働き盛りのお元気だった故人の面影が目に浮かびます。教えていただきたいことが、まだまだたくさんありましたのにと悔やまれます。心からご冥福をお祈りいたします。

ご尊父様

ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。

ご尊父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

ご尊父様のご逝去を、心よりお悔やみ申しあげます。在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。

ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。ご尊父様には、幾多のご厚情をうけながら、ご恩返しをすることもできず、痛惜の念もひとしおです。ご冥福をお祈りいたします。

いつもお元気そうに談笑されていたお父上様を思い出します。父もすっかり肩を落として、在りし日の思い出に声を詰まらせています。故人のご冥福をお祈りいたします。

ご訃報に接し、ただただ悲しいばかりです。故人は慈父のようなお方でした。安らかにお眠りになられることをお祈りいたします。

ご母堂様

ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。

ご母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。お慰めの言葉もございません。今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。

悲報に驚いています。あなたのお気持ちを思うと胸が痛みます。心から哀悼の意を表し、お母様のご冥福をお祈りいたします。

ご母堂様のご急逝を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。いつも、お優しかったお顔を思い出し、まだ信じられない気持ちです。心よりご冥福をお祈りいたします。

お母様のご逝去に深く哀悼の意を表します。家族ぐるみでお世話になりました。ご冥福をお祈りいたします。

ご子息様

ご子息様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈りいたします。

ご子息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

ご令息様の突然の悲報に愕然といたしております。ご家族の皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。謹んでお悔やみ申しあげます。

ご子息様の急逝の報に接し、悲しみにたえません。前途洋々たる時に突然他界され、ご両親様のお悲しみ、ご無念のお気持ちは、いかばかりかとお察し申しあげます。

ご令嬢様

ご令嬢様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈りいたします。

ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

お嬢様のこ逝去を悼み、ご両親様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。

お嬢様の突然のお旅立ち、ご両親様のお嘆きいかばかりかと、拝察申しあげます。在りし日の美しいお姿を偲び、衷心より哀悼の意を表します。

お孫さま

お孫さまのご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。心から哀悼の意を表します。

弔問欠席

悲しいお知らせに呆然としております。お別れにも伺えず、残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします。

お悲しみに対し弔問かなわぬ非礼をおわびし、謹んで哀悼の意を表します。

ご生前のご厚情を思えば、お見送りをしなければなりませんのに、健康を害し伺えず申し訳ございません。故人のご冥福を祈って手を合わせております。

友人・先生

幼なじみの友との別れの報に接し、悲しみでいっぱいです。たくさんの思い出をありがとう。どうぞ安らかにお眠りください。

最愛の友の訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にもひたむきだった彼。ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、心からご冥福をお祈りいたします。

会いたい、会いたいと思っておりましたのに、こんな突然のお別れになってしまいました。悔しくてなりません。ご冥福をお祈りしたします。

先生のご訃報に接し、人生の師を失った悲しみでいっぱいです。先生の尊いお教えは、私の心の中に生き続けます。どうか安らかにお眠りください。

企業向け

御社社長様のご訃報に接し、ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

御社社長様の不慮のご逝去の報に接し、御社ご一同様に衷心より哀悼の意を表します。

会長様のご逝去に際し、惜別の急を禁じ得ません。ご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

社長様のご訃報に、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、心からお悔やみ申しあげます。

社葬・団体葬弔電文例

○○部長様のご霊前に、深く哀悼の意を表します。

貴社専務の○○氏、ご急逝の知らせを受け、心より哀悼の意を表します。

貴社の○○様のご永眠に接し、深く哀悼の意を表します。

ご逝去を悼み、故人のご功績をたたえ、心からお悔やみ申しあげます。

会長様ご天寿を全うされました由、謹んで哀悼の意を表します。

○○様の不慮のご逝去の報に接し、貴社ご一同に心からお悔やみ申しあげます。

御社○○重役様のご生前の功績をしのび、当社 幹部一同、心からご冥福をお祈り申しあげます。

突然のご逝去に接し、職場の一同、まことに驚愕、くやしさで言葉もありません。深く哀悼の意を表わします。

御社社長の片腕として、永年ご活躍されてきた専務○○氏、突然のご永眠、言葉もございません、遥かに、哀悼の意を表します。

かねてご病気、ご療養中とは伺っておりましたが、このたびの○○社長のご逝去の報に、心からお悔み申しあげます。

○○翁の突然の訃報に、家内ともども深く悲しん でおります、このくやしさを仕事にぶつけ精進いたす所存です。

天寿を全うされました○○会長の、在りし日を偲びつつ、ご冥福をお祈り申しあげます。

貴社○○氏の、ご逝去のご通知をいただき、心からお悔やみ申しあげます。

御社社長のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。

在りし日のすばらしい部長を偲び、はるかにご冥福をお祈り申しあげます。